子育て世代の夫婦応援メディア『10傑 選定委員会』  日常生活で必須のあらゆるモノ、ヒト、コトについて最初に知るべき10選をお届けするメディアです。

【2021年 最新版】HDDレコーダーの選び方とおすすめ10選!たっぷり録画・快適視聴

HDDレコーダー

2021.4.17

家電 HDDレコーダー

見たいテレビ番組がたくさんあるときに活躍するのがHDD(ハードディスク・ドライブ)レコーダー。ただテレビを録画するだけでなく、再生時にCMを自動でスキップできたり、ブルーレイやDVDにダビングできたり、と便利な機種が多数ありますね。

しかし、複数のメーカーが取り扱うHDDレコーダーは、ラインナップが豊富。サイズや見た目にも大きな違いはないし、選び方がよく分からないとお悩みではないでしょうか?この記事では、そんな人に向けて、HDDレコーダーの選び方とおすすめの10製品を紹介します。

目次

HDDレコーダーの選び方

ではさっそくHDDレコーダーの選び方を確認していきましょう!

メディア用ドライブの有無で選ぶ

まず、確認しておきたいのが、ブルーレイやDVDなどのメディア用ドライブが必要かどうか。

HDDレコーダーには、HDD(ハードディスクドライブ)とブルーレイなどのメディア用ドライブの両方を搭載したモデルと、HDDのみを搭載したモデルの2種類があります。ブルーレイ・DVDディスクの再生や録画を行いたいならば、メディアドライブが付いたモデルを選びましょう。

チューナー数

「見たい番組の放送時間が重なっている!」なんてこと、よくありますよね。複数のチューナーを搭載したHDDレコーダーを選んでいれば、そんなお悩みも解決できます。

2チューナー搭載ならば2番組を、3チューナー搭載ならば3番組を同時に録画できるんですよ。中には、7チューナーを搭載し、全チャンネルをまるごと保存できる機種もあります。

チューナーの種類によって、録画できるチャンネルが異なってくるため、どのチューナーが何個搭載されているのか、確認しておきましょう。

4K衛星放送対応か

4K放送に対応したテレビも続々と登場していますね。4Kテレビの高精細な映像を録画したいなら、4K放送対応チューナーを搭載したHDDレコーダーを選ぶ必要があります。地上デジタル用のチューナーでは、録画できないので注意しましょう。

内蔵HDDの容量で選ぶ

HDDの容量により、録画できる番組の量が変わってきます。1TBあれば、地上デジタルが約120時間録画できます。あまりテレビを見ない人ならば、これで十分かもしれませんね。大容量4TBなんて機種もあるので、とにかくたっぷり録画したい!という人は検討してみてください。

外付けHDD接続可能数で選ぶ

録画容量が足りなくなってきたとき、外付けHDDに対応していれば、録画できる時間を増やすことができます。外付けHDDを接続できる数は機種によって異なるため、たくさん録画したい人は接続可能数を確認しておくと、内蔵HDDが容量不足になったときでも安心です。

機能性で選ぶ

HDDレコーダーは、テレビ番組をそのまま録画するだけではありません。例えば、録画時に映像が劣化するのを防止してくれる「画像補正機能」や、再生時にCMなどを自動でスキップしてくれる「時短機能」、好みのジャンルを選択しておけば似た番組を自動で録画してくれる「おまかせ録画機能」などがあります。また、不在の時間が多い人ならば、外出先からの予約や視聴ができる機能の付いたモデルだと便利ですね。

このように、メーカー・機種により搭載されている機能はさまざま。ご自分のテレビの視聴スタイルに合わせて、必要な機能が揃った機種を選びましょう。

HDDレコーダーのおすすめ10選

ここからは、HDDレコーダーのおすすめ機種を紹介していきます。大手メーカーであるパナソニック・シャープ・東芝・ソニー製のHDDレコーダーなので安心して使えますよ♪

パナソニック 2TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵 4K放送長時間録画/3番組同時録画対応 4K DIGA DMR-4T201

国内産ブルーレイレコーダーとして初めて4K放送の3番組同時録画に対応。スマホアプリを使って、スマホからの録画予約や視聴も行えます。スマホで撮った写真をディーガに送れば、AIが自動で分類しアルバムを作成してくれるんですよ。音楽ファイルの保存もでき、テレビの録画以外にも幅広く使えるレコーダーとなっています。

パナソニック 6TB 7チューナー ブルーレイレコーダー 全録 4チャンネル同時録画 4Kチューナー内蔵 全自動DIGA DMR-4X600

7チューナーを内蔵し、最大4チャンネルの番組を28日間全て自動で録画!気になる番組を取り逃す心配がありません。ハイビジョン放送4チャンネル分にプラスして、4K放送の全自動録画も可能です。さらに通常の録画も行えるため、見たい番組がたくさんある人にはぴったり♪

シャープ 1TB 2番組同時録画 AQUOS ブルーレイレコーダー 連続ドラマ自動録画 声でラクラク予約 ブラック 2B-C10CW1

輝度、解像度、色域、フレームレート、ビット深度という画質にかかわる5つのポイントをアップコンバートする「5upコンバーター」を搭載し、地デジ放送も4K放送級の美しさで楽しめます。4K放送を含めて3番組同時録画できるのも魅力!

シャープ 4TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵 4K放送W録画対応 4Kアップコンバード対応 UltraHD再生対応 4B-C40BT3

新作連続ドラマを予約いらずで4週間分自動で録画できるため、ドラマ好きな方に特におすすめ!リモコンの「ドラ丸」ボタンをワンタッチで録画一覧画面にアクセスできますよ。リモコンやスマートスピーカー、スマホアプリから声でラクラク操作できるので、お料理中など手がふさがっていても快適に使えます。

東芝 3TB HDD/3チューナー搭載 ブルーレイレコーダー(+7チャンネルまるごと録画可能)タイムシフトマシンTOSHIBA REGZAレグザブルーレイ DBR-M3009

タイムマシンシフト機能ならば初期設定だけで、全7チャンネルをまるごと録画。BSや110度CS放送などの有料チャンネルも録画できますよ。自動スキップや、1.3倍速再生など4つの再生コースを搭載し、隙間時間で時短しながらササッと番組を楽しめます。

東芝 1TB HDD/2チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBR-W1009

スマホで番組録画ができたり、リモコン操作が行えたりと、スマホを使った機能が充実しています。CMスキップなど、お好みの視聴スタイルに合わせた時短機能も満載で、ストレスなくドラマや映画を楽しめますよ。外付けHDDの複数接続にも対応しています。

ソニー 3TB 3チューナー 4K ブルーレイレコーダー BDZ-FBT3000 4K放送長時間録画/W録画対応

4K放送の2番組同時録画に対応!全チューナー「4K/ハイビジョン兼用」のため、従来のハイビジョン放送も含めると同時に3番組の録画が可能です。DRモード(放送そのままの画質) 以外に7つの長時間録画モードを搭載しており、4K放送もたっぷり残せますよ。

ソニー 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-ZW1700 長時間録画/W録画対応

新作の連続ドラマ・アニメを先行予約できる機能を搭載。なんと約1か月前から録画予約ができるため、録画し忘れが減りますよ!「番組名予約」ならば、初回や最終回の放送時間が変わっても、自動で追跡して録画してくれます。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-2W100

2番組同時録画に対応。スマホアプリ「どこでもディーガ」を使えば、外出先でもテレビを楽しめますよ。「おうちクラウド」機能を使えば、動画や写真もたっぷり保存できます。録画した番組を見ながら、見たい番組を探すことも可能です。

東芝 1TB HDD/3チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBR-T1009

「時短ボタン」を押すだけで、自動スキップ!CMのたびにリモコンを探して早送りする手間がありません。他にも、1.3倍速再生もボタン1つでできるので、忙しい日常の合間に気になる番組を見やすくなりますよ!時短機能は、ダビングにも反映できるので、CMをカットしてディスクに残せるのもポイント。

まとめ

「忙しくてなかなかリアルタイムでテレビを見る時間が取れない!」というときにも、HDDレコーダーがあれば、気になる番組をまとめて録画できますよ。ぜひ、導入して快適にテレビを楽しんでくださいね。

SHARE

スポンサーリンク