子育て世代の夫婦応援メディア『10傑 選定委員会』  日常生活で必須のあらゆるモノ、ヒト、コトについて最初に知るべき10選をお届けするメディアです。

2019年に最も話題になった漫画 10傑

マンガ

2020.2.9

本・CD・DVD

やっぱり漫画がが好きだ!

雑誌や単行本だけでなく、Web漫画も台頭してきた近年の漫画事情。

SNSやアプリの普及で漫画を読める機会が増え、話題作も数多く生まれるようになりました。

今回はそんな日本の漫画界において、2019年とくに話題になった作品をランキング形式でご紹介します。

 

2019年作品ランキング

有名作品から期待の新作まで選りすぐりましたので、次に読む漫画の参考にどうぞ。

1位・鬼滅の刃

今やニュース番組でも報道される「社会現象」にまで発展したジャンプの看板作品です。

鬼に家族を皆殺しにされた悲運の少年・炭治郎が、鬼として生き残った妹の禰豆子を人間に戻すべく、戦いに身を投じる和風剣戟奇譚。根底に流れる重いストーリーと、それでも強く生きようとするキャラクターたちの生き様が最大の魅力です。

2019年コミックス年間累計売上ランキングでは、あの『ONE PIECE』を抜いて1位に。名実ともに日本トップの漫画に成長しました。

2位・SPY×FAMILY

スパイの父親、殺し屋の母親、超能力の少女がそれぞれの目的のために偽物の家族となるホームコメディ漫画。少年ジャンプ+で連載しており、同サイト内で歴代最高の人気をほこる、いわば「ネットにおけるジャンプの看板漫画」です。

「このマンガがすごい2020年部門(オトコ)」、「次にくるマンガ大賞2019Webマンガ部門」ではともに1位を獲得。数々のヒット作を的中させてきた2つの賞で2冠を達成し、ジャンプの次世代を背負って立つだろうと期待されています。

3位・キングダム

時は春秋戦国時代、動乱の中国大陸を舞台に大将軍を目指す武人・信の活躍を描きます。累計4700万部を超える大ヒットを記録し、なおも更新中です。

その魅力は10万規模の軍勢がぶつかりあう戦、命をかけた武将たちの熾烈な争いにあります。彼らの熱い生き様が多くの人々の心を虜にしているのです。2019年4月には実写映画が公開。興行収入50億円を突破しました。

4位・五等分の花嫁

週刊少年マガジン連載のラブコメもの。五つ子の中野姉妹と家庭教師の上杉風太郎が織りなす恋愛模様を描き、第1話で示唆された「五つ子のだれかと風太郎が結婚する」というゴールへ進んでいくストーリーとなっています。

本誌連載はクライマックス間近。作者・春場ねぎ氏の「14巻(あと2巻)で完結します」という宣言ツイートは7万RTもされ、ファンの関心の高さがうかがえます。

5位・薬屋のひとりごと

小説家になろう発ラノベのコミカライズ作品です。主人公は誘拐されて後宮の下働きとなった猫猫(マオマオ)。彼女は薬師としての知識でさまざまな事件を解決していくうちに、後宮を巻き込む陰謀に巻きこまれていきます。

漫画ファンの注目をにわかに集めており、「次にくるマンガ大賞2019コミックス部門」では栄えある1位に選ばれました。

6位・さよならミニスカート

「このマンガがすごい!2020オンナ編」で1位を獲得し、いま日本で最も注目されている少女漫画です。

とある事件をきっかけに男装して日々を過ごす女子高生・神山仁那が同級生に心を開いていく過程を描きます。

掲載誌のりぼんはHP上で「この連載は、何があろうと、続けていきます。あなたに届けるために」という異例の宣言をし、話題になりました。

7位・進撃の巨人

全世界累計1億部を突破。巨人に挑む人類の闘いを描いた本作は、もはや日本を代表する漫画といってさしつかえありません。

2019年9月に「最終回まで一緒に読もう!キャンペーン」と題して28巻まで無料、29巻は100円に値下げという大盤振る舞いを実施。29巻まで読んだ読者からは、その衝撃的な展開に次の声があがりました。

「なんでこんなに残酷な世界なんだ」と。

8位・Dr. STONE

アニメ化もされたジャンプの科学×サバイバル漫画。世界を襲った全人類石化現象から3700年後の「ストーンワールド」を舞台に、天才高校生・千空が石化のナゾに立ち向かうストーリー。

2019年にはジャンプ本誌でスピンオフ「reboot:百夜」を短期連載。本連載とスピンオフ連載を同時に進行するというジャンプ史上初の偉業を達成しました。

9位・チェンソーマン

週刊少年ジャンプのダークヒーロー漫画。名作『バクマン』でも語られた「邪道な王道バトル」のど真ん中を爆走するジャンプ期待の新星です。

体をチェーンソーに変えられる少年デンジが、平和を脅かす悪魔を切り刻むスプラッタなバトル描写には中毒性アリ。

10位・裸一貫!つづ井さん

第20回文化庁メディア芸術祭推薦作品に選ばれた『腐女子のつづ井さん』。その約1年半ぶりの続編です。

「魂がオタク」と豪語する作者・つづ井さんの日常を描くエッセイ漫画。アラサー腐女子ならではの悩みと愉快な解決法に、つい笑いがこぼれてしまいます。

まとめ

なにが面白いかは人それぞれですが、話題になる漫画には万人の胸を打つ「なにか」が必ずあるものです。

今回ご紹介した作品で少しでも気になるものがありましたら、まずは手にとってみてはいかがでしょう。そしてあなたがその「なにか」を見つけ、漫画を楽しんでくだされば幸いです!

 

ちなみにこの記事でとりあげた作品のなかには、アニメとして話題になったものも多く含まれています。

2019年に話題になったアニメもまとめてみましたので、気になる作品があった方はそちらもぜひご覧ください。

 

2019年に最も話題となったアニメ作品・アニメ映画 10傑

 

SHARE

スポンサーリンク