子育て世代の夫婦応援メディア『10傑 選定委員会』  日常生活で必須のあらゆるモノ、ヒト、コトについて最初に知るべき10選をお届けするメディアです。

【2021年 最新版】低温調理器の選び方とおすすめ10選!鶏ハムも本格ローストビーフも失敗なし!

家電 低温調理器

ジッパー袋に入れたお肉やお魚を低温で加熱して、柔らかくジューシーに仕上げられる低温調理法。鍋を汚さずに調理でき、旨みや栄養を逃がさない画期的な調理方法として日本でも人気が高まっていますね。

温度管理が難しい低温調理ですが、これから紹介する低温調理器を利用すれば、失敗なしでレストラン級のレシピを自宅で気軽に楽しめますよ!

海外製品も多く、どれを選べばいいか分かりにくい低温調理器選びのポイントと、2021年現在のおすすめの商品10商品を紹介していきます。

目次

低温調理器とは?

低温調理器は、水に入れるだけで簡単に一定の温度をキープできる調理器具です。時間をかけてじっくり低温調理を行うことで、お肉はしっとり柔らかく仕上がるんですよ♪

鶏むね肉を使えば、人気のサラダチキンも自宅で簡単に作れるため、筋トレ中の人やダイエット中の人にもおすすめ!複数の食材を同時に調理できるため、メインと副菜を同時に作ることもできますよ。お野菜の下ごしらえにもピッタリです。

低温調理器のメリット・デメリット

低温調理器は、火を使わず、お湯の温度も低めのため、安全性が高い調理法です。調理中は、そばに付いている必要はないため、他の用事を済ませることができ、時間を有効活用できますよ。

また、普通のお鍋で低温調理を行おうとすると、温度管理が難しく、お肉の内部まで十分に加熱されずに、食中毒になってしまう心配もあります。逆に火を入れすぎて、失敗してしまうことも。しかし、低温調理器ならば、簡単に一定の温度をキープできるため、中までじっくり火を通すことができ、失敗の可能性も低くなるんですよ。

デメリットとしては、調理に時間がかかることが挙げられます。また、低温調理器によっては、ある程度の水深が必要となるため、低温調理用に別途お鍋や容器を用意しなくてはなりません。

低温調理器の選び方

それではさっそく低温調理器選びのポイントを解説していきますね!これを読めばあなたの家にピッタリの低温調理器の選び方が分かりますよ。

加熱時のパワーに注目!

800W程度のオーソドックスなモデルでも十分に低温調理は楽しめますが、調理時間が長くなってしまいます。時短調理をしたいなら、出力が高い低温調理器を選ぶのがおすすめ。

1,000W以上のハイパワーなモデルなら、水を短時間で温められスムーズに調理を開始できます。1,200Wにもなれば、業務用としての利用にも◎。大量の食材をまとめて低温調理しても、しっかり一定の温度をキープできますよ。

取り付け方法の特徴を知ろう

低温調理器は鍋に取りつけて使用します。大きく分けて、クリップ式とねじ式の2タイプがあるので、使いやすい方を選びましょう。

クリップ式は、挟むだけで簡単に使用できるのが魅力です。調理中に片手でもサッとセッティングできますよ。頻繁に使う方はクリップ式がラクかもしれませんね。

一方ねじ式は、クリップ式では固定しにくかったお鍋にもガッチリと固定できるのがメリット。しっかり固定できるので調理途中で外れてしまうなんて心配も不要です。ただし、取り付けに手間がかかってしまう点に注意しましょう。

本体サイズと対応する鍋のサイズ・水量をチェック!

メーカーや機種により、低温調理器のサイズに差があります。太さだけでも直径5cm程度のものから直径10cmを超えるものまで大きさは様々。

ご自宅にある鍋の大きさに対応していないこともあるので、事前によく確認しましょう。対応水量が多いものを選ぶと一度に大量の調理も行えますよ。

それから、低温調理器は意外と大きいので、使わないときの収納場所も考えておくと安心です。

防水性能があれば安心して使える

低温調理器にとって防水性能は大切なポイントです。防水性能に備えている低温調理器ならば、調理中や使用後のお手入れ時に水がかかってしまったり、調理中の蒸気が機械にかかったりしても安心ですよ。

コンセントの種類の確認を忘れずに!

低温調理器を選ぶときに忘れずチェックしてほしいのがコンセントです。海外生産の低温調理器の中には、3つ又のプラグを採用しているモデルも存在します。これを日本のコンセントで使うためには変換プラグが必要となるので、選ぶ際には注意しましょう。

低温調理器のおすすめメーカー

海外製の低温調理器を選ぶと、説明書が日本語ではなくて使い方がよく分からなかったり、コンセントプラグが合わなかったり、故障時の保証がなかったりと、トラブルが発生留守ことも。安心して使いたいならば、日本メーカーの正規品を選ぶのがおすすめです。ここでは、低温調理器を取り扱う、日本メーカーを紹介します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは、宮城県に本社を置く、生活用品・家電メーカーです。アイリスオーヤマの魅力は価格とシンプルな機能性。価格を設定してから商品を製造するため、リーズナブルな価格で必要最低限の機能性を備えた商品を提供できるのが強みです。

葉山社中(Hayama-Colony)

低温調理器BONIQシリーズを手掛ける葉山社中。2016年に神奈川県で設立され、クラウドファンディングにて初代BONIQの販売を始めました。性能はもちろん、デザイン性にもこだわりが見え、2020年にはグッドデザイン賞を受賞しています。BONIQの公式レシピサイトやYouTubeチャンネルもあり、レシピの参考になりますよ。

ハイスマイル(HISMILE)

2018年に創立した東京の合同会社です。家電製品を企画・開発からアフターサービスまで一貫して行っています。ハイスマイルの低温調理器は、日本向けに開発されているため、とにかく使いやすいのがポイント!

サンコー(THANKO)

2003年設立。東京都千代田区に「サンコーレアモノショップ」2店舗を展開しています。「面白くて役に立つ商品を社会に提供する」ことを企業理念に掲げ、生活家電や通信機器周辺商品などの製造・販売を行っています。サンコーの低温調理器・マスタースロークッカーSは、浅いお鍋でも使えて便利です。

低温調理器のおすすめ10選

それでは、これまでに説明した選び方のポイントに注目しながら、低温調理器の売れ筋商品をチェックしていきましょう!

アイリスオーヤマ 低温調理器 真空調理器 スロークッカー IPX7防水 低温調理器具 防水機能搭載 レシピブック付き ブラック LTC-01

安心の日本メーカー・アイリスオーヤマの低温調理器です。操作パネルは、見やすい斜めの角度かつタッチパネル式だから操作のしやすさはピカイチ。1000Wのハイパワーで時短しつつ、安定した温度で低温調理が可能です。25~95℃の間で0.5℃単位の温度調節に対応しています。レシピブック付きなのも嬉しい。

低温調理器 BONIQ pro ボニークプロ BNQ-04

BONIQシリーズのハイエンドモデル。1200Wのハイパワーで最大20Lの水量での調理に対応しているのが最大の魅力!ボディにはアルミニウム合金を採用し、高級感と剛性を持ち合わせたオシャレさを感じられます。飲食店などプロの使用はもちろん、一度に大量の調理を行いたいご家庭にもオススメです。

Sandoo 低温調理器 低音調理器 真空調理器 正確な温度制御 ステンレス製 IPX7防水 お料理用 低温調理機 日本語取扱説明書とレシピ付き ホワイト HA1099

イギリスチームが設計した円柱形のデザインは、スマートでコンパクト!直径は5.25cmと細いので小さめの鍋でも使い勝手がよく、収納場所にも困りません。1000Wのハイパワーと二重水循環システムで食材を均一に加熱できますよ。ステンレス製で耐久性も◎

低温調理器 真空調理器 スロークッカーbeemyi IPX7防水 低温調理機Sous vide 日本向けに設計 (ホワイト)

高級感漂うデザインと、十分な機能性を持ち合わせつつも手ごろな価格でコストパフォーマンスの高さはピカイチ!1,000Wのモーターを搭載し、0~90℃まで0.1℃刻みでの調理が可能な細やかさが嬉しいですね。静音性や防水性にも優れています。

サンコー マスタースロークッカーS SSHORSLC

ヒーター部分が短いため、7cm以上の深さがあれば利用できるのが嬉しい!浅い鍋で使えるため、自然と水の量も節約できます。850Wとやや低パワーですが、少量の低温調理を行いたい人、低温調理用の大きい鍋を用意するのは面倒という人はぜひチェックしてみてください。

【プロも絶賛! 話題のハイスマートジャパン低温調理器Viande(ビアンデ)は日本に新登場! 日本向けに設計を一新! ブラック HS-V01A

独自のフック式のクリップを採用しており、片手で簡単に着脱が可能。パネル部が大きく前に突き出したL字型の設計になっているため、お鍋の蒸気でパネルが濡れることも防げます。日本仕様のため、コンセントも変換器不要。摂氏・華氏の切り替えの手間もありません。説明書なども全て日本語なので、低温調理器初心者でも安心して使えます。

ヒロ・コーポレーション PRD180710 スタンド型低温調理器

低温調理器では珍しいフルホワイトボディでインテリア性も抜群♪取り外し可能な台座で自立も可能なので、固定クリップが適合しない鍋にも使えて便利です。水量が最低水位ライン以下になると、自動で電源が切れるため、空焚きの心配もなく安心に使えますよ。

【パワフル】GLUDIA 低温調理器 ハイパワー1200W・大容量20L・強対流(グルーディア)GLU-INM01 業務用保証対象 レシピ 日本仕様

1,200Wのハイパワーで最大20Lの水量にまで対応した大容量モデルです。1回の低温料理で複数の料理を同時に作れる全43品のオリジナルレシピ冊子が付属しているのもポイントです♪調理には深さ16cm以上の容器が必要になる点に注意してくださいね。

Hismile 低温調理器 真空調理器 スロークッカー IPX7防水 レシピプレゼント 日本正規品 国内品質サポート プレミアム真空調理器Sous vide HS-SV6B

日本向けに設計されているから、届いてすぐに安心して使えます。長さ1.9mの電源コードにはバンド付きで収納性も◎。ステンレスのボディ部分は取り外し可能なので、お手入れも手軽に行えます。クリップ式なのでお鍋への取り付けが片手でできて便利です♪

低温調理器 Wancle 低温調理 スロークッカー IPX7防水 日本語取扱説明書 1100W 真空調理器Sous vide 超静か

コンパクトなサイズ感と高い静音性で、気軽に使える1台。固定はクリップ式で、高さ12cm以上のお鍋の使用に適しています。1,100Wのハイパワーヒーターを搭載し、加熱時間も短く省エネ!温度設定は25~90℃、時間設定は1分~約100時間と幅が広いため、いろんな調理に使うことができます。

まとめ

低温調理器を使えば、ローストビーフやコンフィなどレストランのような豪華なメニューを自宅で気軽に楽しめますよ。野菜の栄養を逃がさず柔らかくしたり、温泉たまごを作ったり、と活用シーンは無限大!調理中も放置しているだけでいいので、時間を有効活用できますね!忙しい毎日の食事作りの時短はもちろん、おもてなしやパーティ―シーンにもおすすめです!

SHARE

スポンサーリンク