子育て世代の夫婦応援メディア『10傑 選定委員会』  日常生活で必須のあらゆるモノ、ヒト、コトについて最初に知るべき10選をお届けするメディアです。

【2020年最新版】主婦目線で選ぶ!大型冷蔵庫のおすすめ10選

家電

キッチンに欠かせない冷蔵庫。さまざまなメーカーから機能的でオシャレな冷蔵庫が登場しています。この記事ではファミリー向けの大型冷蔵庫の選び方とおすすめの10商品を主婦の目線で紹介します。

大型冷蔵庫の選び方

大型冷蔵庫は、失敗したからといって簡単に買い替えられるものではありませんよね。そこで、購入前にチェックすべきポイントをまとめました。

サイズで選ぶ

まずは絶対にチェックしなくてはならないのがサイズです。キッチンに合ったサイズのものを選ばないと、いざ設置しようと思ったのに横幅が合わず部屋の模様替えから始める事態になってしまいますよ。

冷蔵庫を置きたい場所の奥行と幅、それから高さも測っておきましょう。冷蔵庫の上は放熱のために物を置いてはいけないので、ここはデッドスペースになりがちです。

収納スペースを作る予定がないのならば、いっそ背の高い冷蔵庫を購入するのも良いですね。

使いやすさで選ぶ

サイズが決まったら、使いやすさをチェックしましょう。

ドアの使いやすさ

冷蔵庫の設置場所によっては、ドアに開けにくい方向があることも。右開き、左開き、観音開き、どのタイプがスムーズに開閉できるか考えて選択しましょう。

どちらか決められない場合には、SHARPの「どっちもドア」ならば、左右どちらからも開けられるので動線を気にせず設置できますよ。

野菜室・冷凍庫の位置

メーカーにより、野菜室と冷凍庫の位置が中央だったり、一番下だったりと、収納の位置にも違いがあります。一番下の段はしゃがまないと取り出しにくいので、頻繁に開け閉めする方が中央にある方が便利だと思います。

野菜室が一番下だと、小学校低学年くらいの子どもでも2Lボトルの出し入れがしやすい面があるので、小さいお子さんがいるなら野菜室が低い位置にある冷蔵庫を選ぶのもおすすめ。

また、日立の「ぴったりセレクト」対応機種を選ぶと、中段と下段の引き出しを冷凍・冷蔵・野菜の中から自由にチョイスすることができますよ。

食材を美味しく保つ機能で選ぶ

冷蔵庫はやはり食材を美味しく保てなくては意味がありません。ここでは各メーカーの鮮度をキープする性能に注目してみましょう。

微凍結パーシャル(Panasonic)

チルドより低温の約-3℃で微凍結することにより鮮度が長持ちします。凍ってはいないので、そのまま切ったり、ベーコンなどを1枚ずつはがしたりできます。

プラズマクラスター冷蔵庫(SHARP)

プラズマクラスターイオン発生ユニットを搭載し、野菜室やチルドルームを除菌しながら清潔に保つことで鮮度をキープします。

切れちゃう瞬・冷凍A.I.(三菱)

約-7℃で冷凍することで、解凍不要で使いたい分だけサクッと包丁で切ることができます。

まるごとチルド(日立)

冷蔵室全体を約2℃に設定することで、冷蔵室内の食品を全てチルドの鮮度で保つことができます。菌の繁殖を抑えたり、温かい鍋をそのまま冷蔵庫に入れることもできますよ。

便利な機能で選ぶ

冷蔵庫も年々進化しており、機能性が高い商品が次々に登場しています。生活を楽にしてくれる利便性で選択するのもいいですね。

タッチオープン機能

東芝やSHARPの冷蔵庫に搭載されている機能です。手で軽く触れたり、手をかざしたりするだけでドアが開くので、手が汚れているときや鍋を持っていて両手が塞がっていても安心です。

スマートフォン連動機能

SHARPの「COCORO KITCHEN」では献立や近所のスーパーの特売情報を教えてくれますよ。
また、日立の「コネクテッド家電」では、スマホで食材管理が行えるほか、ドアの閉め忘れも知らせてくれます。

デザイン性で選ぶ

長く使うものだからこそ、気に入った見た目のものを選ぶのも大切です。部屋に合うカラーを選ぶのも良いですね。
また、ガラスドアの冷蔵庫はオシャレですが、マグネットがくっつかないので冷蔵庫にメモなどを貼り付けたい人は注意してください。

省エネ性能で選ぶ

冷蔵庫の寿命は10年ほどと言われています。物を大切に使うことは良いことですが、冷蔵庫の場合は新しいものに買い替えた方が食材にも電気代にも良い結果に繋がります。

何年も前の安い型落ち品を選ぶくらいなら、最新式のものを選んだほうが省エネ性能に優れている場合もあります。各メーカーのエコ機能やランニングコストを比較して選びましょう。

おすすめの大型冷蔵庫10選

1. Panasonic パーシャル搭載冷蔵庫 NR-F605HPX

業務用レベルの急速冷凍機能である「はやうま冷凍・はやうま冷却」を搭載しています。この機能を使えば、炊き立てのご飯も60分ほどで冷凍が可能。一気に凍らせるので、肉や魚も旨みを逃しません。

また、-3℃で食品の鮮度を長持ちさせる「微凍結パーシャル」は、解凍の手間なく調理を行え、美味しく時短もできる優れもの。

2. 三菱 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52E

三菱のWXシリーズのウリは大容量なのにコンパクトなこと。650mmというスリムな横幅ながら517Lもの内容積を確保しています。

さらに、鮮度を保つ機能も十分。肉や魚も解凍いらずで時短調理を可能とする「切れちゃう瞬・冷凍A.I.」も搭載しています。

3. シャープ SHARP プラズマクラスター 冷蔵庫 SJ-AF50F

SHARPのSJ-AF50Fは、大容量の冷凍室が魅力。冷凍室の容量が170Lもあるので、冷凍食品もたっぷり保存でき、毎日のお弁当作りの助けになってくれます。

プラズマクラスター機能で、鮮度も抜群。便利な「COCORO KITCHEN」も搭載されています。グラデーションウッドブラウン・グラデーションレッドというカラーも高級感がありオシャレですよ。

4. 日立  真空チルド  クリスタルホワイトR-XG48K

日立の冷蔵庫にだけ搭載されているのが「真空チルド」です。約-1℃で凍らせずに鮮度を保つだけでなく、チルド室を真空にすることで、食品の酸化・乾燥を防ぐことができます。

そのため、ラップをせずにチルド室に入れるなんてことも可能。他にも、「新鮮スリープ野菜室」により野菜もみずみずしさを保てます。

5. Panasonic パーシャル搭載 冷蔵庫 NR-E455PX, NR-E455PXL

スリムで大容量な冷蔵庫をお探しの方におすすめなのがPanasonicのNR-E455PX。他社では冷凍室・野菜室の奥に設置しているトップユニットを、手が届きにくい上段の奥に設置することでデッドスペースを減らしています。

それにより、横幅600mmながら内容積は450Lとたっぷり収納を実現。冷凍室・野菜室を最奥まで引き出せるワンダフルオープンの使いやすさは抜群です。

6. 東芝 FZシリーズ GR-R600FZ

FZシリーズに搭載されている「RuRuRuチルド」の凄いところは「低温チルドモード」を使えば、食材の旨みが増したり、牛肉がより柔らかくジューシーになったりと、料理の味をさらに高められること。

他にも、鮮度を守る「速鮮チルドモード」、旨みや栄養を損なわずに解凍できる「解凍モード」があり、食材に応じて使い分けられます。

7. シャープ SHARP 冷蔵庫 プラズマクラスター メガフリーザー 5ドア SJ-WA50E

SJ-AF50Fが気になっているけど費用を抑えたい場合に検討したいのが型落ちモデルのSJ-WA50Eです。

「どっちもドア」タイプであることと、「COCORO KITCHEN」機能がないこと以外は、SJ-AF50Fとほぼ同じ機能を有しています。

左右どちらからでも開けられる「どっちもドア」があれば、狭いキッチンでもスマートに食材の出し入れが可能ですよ。

8. 日立 R-HW60K

この機種には「まるごとチルド」機能が搭載されています。冷蔵室のドアポケット部分以外が約2℃を保ちチルドルームと同じ働きをしてくれます。

通常の冷蔵室よりも低温なので菌の繁殖を抑え、食品を長持ちさせられます。おかずの作り置きをすることが多い場合や、チルド室にたっぷり収納したい場合におすすめです。

9. 東芝 GWシリーズ GR-R500GW

東芝のGWシリーズは痒い所に手が届くような便利さが魅力。たとえば、軽く触れるだけでドアを開けられるタッチオープン機能で、両手がふさがっていても冷蔵庫を開けられます。

また、野菜室にはおそうじ口を完備。おそうじ口の下にダストボックスを置いて、蓋を外すだけで野菜クズや泥を簡単に片づけられます。

10. 三菱 置けるスマート大容量 MBシリーズ MR-MB45E

MXシリーズやWXシリーズよりもスリムな600mm幅の片開きドアタイプの冷蔵庫です。コンパクトながらも、「切れちゃう瞬・冷凍A.I.」や「氷点下ストッカーD」「朝どれ野菜室」など機能は充実。

「まるごとクリーン清氷」で、製氷皿からポンプ・パイプやフィルターまで丸洗いができるのでお手入れが簡単なもの嬉しいポイントです。

まとめ

冷蔵庫は、家庭の食生活を守る大切なアイテムです。

メーカーによって、新鮮さをキープする様々な工夫が施されているので、よく比較してご家庭の生活に合ったものを選ぶようにしましょう。毎日使うものだからこそ、納得できるものを選ぶことが重要です。

SHARE

スポンサーリンク