子育て世代の夫婦応援メディア『10傑 選定委員会』  日常生活で必須のあらゆるモノ、ヒト、コトについて最初に知るべき10選をお届けするメディアです。

【節水&時短】失敗しない食洗機の選び方とおすすめ10傑【2020年版】

家電

美味しいご飯のあとに待ち受けるのが皿洗い。少し放置しようものなら、すぐにシンクが汚れたお皿で埋め尽くされてしまいますよね。さらに、脂汚れでベトベトの食器なんかがあった場合にはもう、投げ出したい思いでいっぱいになってしまいます。

そんな皿洗いの手間をググッと軽減してくれるのが食洗機!この記事では、食器洗いは食洗機に任せっきりの主婦である私が、失敗しない食洗機の選び方とおすすめ商品を紹介します。

食洗機の選び方

それではさっそく、食洗機の選び方のポイントを見ていきましょう!

タイプで選ぶ

食洗機にはビルトイン型と据え置き型の2タイプがあります。それぞれの特徴を確認しておきましょう。

ビルトイン型

ビルトイン型の食洗機は、システムキッチンにすでに設置しているものを買い替えする場合が多いですね。新設するとなるとキッチンの状態よっては設置できない場合もあります。設置工事が必要となるため、本体代金と別に工事費用の負担が増えることも念頭に置いておきましょう。

容量が大きいので大量の食器をまとめて洗えるのが最大のポイント!キッチン下に収納できるので空間を圧迫せず、キッチンがすっきり片付いて見える点も嬉しいです。

据え置き・卓上型

据え置き・卓上型の食洗機は、分岐水栓を取り付けるだけで使用できるものと、タンクに注水して使用するものがあります。どちらとも大規模な設置工事が不要なため、賃貸住宅でも使えますよ。

一人暮らしに最適なコンパクトなものから、ファミリー向けの大きめ容量まで種類も豊富です。ビルトイン型に比べると本体価格が安いのも魅力ですね。

分岐水栓の取り付け工事の有無で選ぶ

据え置き型食洗機には、分岐水栓の取り付け工事が必要なものがあります。業者に頼んだ場合料金が発生しますが、工具がある場合は、自分で取り付けることも可能です。水栓により取り付ける分岐水栓が異なりますので、型番のチェックを必ず行いましょう。型番が分からない場合は、写真を送れば適合する型番を教えてくれるサービスもありますよ。

分岐水栓の取り付けをしたくない場合には、タンク式の食洗機を選びましょう。水をタンクに注水する手間はありますが、分岐水栓の取り付け工事が不要な分、設置が手軽に行えます。後から分岐水栓を取り付けできる機種もありますよ。

サイズ・容量で選ぶ

食洗機を選ぶうえで必ず確認してほしいのが本体サイズ!ここを間違えると、設置できないというトラブルにもつながりかねません。

食洗機は傾いていると水漏れなどの原因にもなるので、ちゃんと安定して置ける場所があるか購入前に確認してくださいね。

それから、容量もしっかりチェック!家族の人数や、使うお皿の枚数に応じて選びましょう。

ちなみに、一般的な26cmのフライパンだと柄の部分が邪魔になり食洗機には入らない場合が多いです。取り外しできるものに変えると調理器具も洗えて便利ですよ。

扉の開き方も忘れずに確認!

食洗機は扉の開き方も重要です。据え置き型食洗機の場合は「前開きタイプ」「上下2枚前開きタイプ」「上部スライドタイプ」の3種類があります。

ビルトインタイプの場合も「スライドオープンタイプ」と「フロントオープンタイプ」の2つのタイプがあるので、使いやすい方を選びましょう。

設置場所に置いた状態でスムーズに開閉できるかのチェックを忘れずに!

乾燥機能で選ぶ

食洗機には、水洗い機能だけの製品と、水洗い機能にプラスして乾燥機能が搭載されている製品があります。乾燥機能が付いているものを選ぶと、時間はかかりますが、お皿の水滴を拭きとる手間が省けますよ。

乾燥機能には、送風で乾かすものと、ヒーターで乾かすものがあります。
送風タイプは、ヒータータイプに比べると電気代がお得ですが、送風のみで乾かすため重なっている部分が乾きにくいという面があります。一方、ヒータータイプでは、高温で乾かすことができ、お皿の殺菌にもなるので個人的にはオススメです。

静音性をチェック

音に敏感な小さなお子さまのいるご家庭や、夜間に食洗機を使用したいご家庭では、稼働音の大きさも確認しておくとよいでしょう。

機能性で選ぶ

製品によって搭載されている機能もさまざま。便利な機能にも注目してみましょう。

省エネ性能

食洗機の水道代・電気代が気になる人は、省エネ性能が高い食洗機を選びましょう。使用水量を抑えながらお皿をキレイにしてくれますよ。

スピーディーコース

食器の洗浄から乾燥まで行うと、結構時間がかかってしまいます。「スピーディーコース」や「おいそぎコース」のある製品を選べば、すぐにお皿を使いたい場合など、急いでいるときに役立ちますよ。

二度洗い機能

お皿の汚れをしっかりと落としたい場合には、「二度洗い機能」「念入りモード」など洗浄力にこだわった機能が搭載された製品がおすすめ。脂汚れには「高温洗浄」も効果抜群です。

食洗機のおすすめ10傑をご紹介

食洗機の選び方がわかってきたところで、人気の10製品を見ていきましょう!食洗機を取り扱っているメーカーはあまり多くないので、じっくり比較してみるのがおすすめです。

ここでは、ビルトイン型食洗機を2つ、据え置き型食洗機を8つご紹介します。

ビルトイン型食洗機のおすすめ

Panasonic ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機) NP-45MD8S

食器の量、汚れ状況、室温を検知する3つのセンサーを搭載したエコナビ機能で、無駄なく節水しながら食器を洗ってくれます。上のカゴは自由自在に動かせるので、食器の量や大きさに合わせて調整が可能。

リンナイ ビルトイン食器洗い乾燥機 シルバー スライドオープンタイプ RKW-404A-SV

シンプルで使い勝手の良いスライドオープンタイプのビルトイン型食洗機です。約37点の食器を洗うことができるので4~5人家族にピッタリ。上カゴを円弧状にした「サークルラック」により、洗い残しが発生しがちなグラスの内部までしっかりと洗浄します。

据え置き型食洗機のおすすめ

Panasonic 食器洗い乾燥機 NP-TCM4

約18点の食器を洗えるコンパクトな食洗機です。「スピーディコース」では、約29分で洗浄が完了するため大幅な時短に繋がります。また、「高温洗浄」に対応しており、落ちにくい汚れもしっかり落とします。

アイリスオーヤマ 食器洗い乾燥機 ISHT-5000-W ホワイト

分岐水栓の取り付けが不要なタンク式のため設置が簡単。タンクに入れた5Lの水のみを使って洗浄するため無駄な水を使いません。容量は13点ほど。4つの洗浄コースとドライキープコースがあり、状況に合わせて便利に使えますよ。

エスケイジャパン Jaime 食器洗い乾燥機 工事不要 SDW-J5L

タンク式のため、設置場所を選ばず、設置工事なしで購入してすぐに使うことができます。コンパクトなサイズなので、通常の水切りカゴの代わりとして置くことができます。コンパクトながらも、食器約12点と箸などの小物が約12点入るスペースがありますよ。

Panasonic 食器洗い乾燥機 プチ食洗NP-TCR4

コンパクトさと、洗浄力を兼ね備えた食器洗い乾燥機です。食器約18点と小物12点を入れることができます。コースの種類も豊富です。エコナビ機能も搭載しており、水温や室温に合わせて節電効果を発揮します。

シロカ SS-M151

タンク式・分岐水栓

タンク式、分岐水栓のどちらにでも使える2way仕様。約16点の食器を洗うことができます。タイマー機能で、好きな時間に自動洗浄を開始できるのも魅力です。高温で洗浄するため除菌効果も抜群です。

Panasonic 食器洗い乾燥機 NP-TH3

食器の大きさや形に合わせて、上カゴの形状を変えられるリバーシブルエリアを採用。これにより約34㎝の長皿や、高さ12cmまでの鍋もスムーズに入れられます。高温除菌や、酵素活性化洗浄により、頑固な汚れもしっかり落とせます。

AQUA 食器洗い機(送風乾燥機能付き)ADW-GM1

汚れがつきにくく耐久性に優れた「庫内ステンレス仕様」を採用した送風乾燥機能付き食洗機。約24点の食器が入ります。「高温すすぎモード」を使えば除菌もできるのが嬉しいですね。

Panasonic 食器洗い乾燥機 NP-TZ200

NP-TH3の上位機種です。ナノイー機能により、庫内の臭いを抑制し、除菌も行います。洗う前も洗った後も清潔な状態をキープするので、1日分のまとめ洗いも気兼ねなく行えますよ。

まとめ

毎日の食器洗いを食洗機に任せると、大幅な時間の節約につながります。さらに手洗いするよりも節水にもなるので、食洗機の導入はメリットだらけですよ。ぜひ、ご家庭の状況に合った食洗機を生活に取り入れてみてくださいね。

SHARE

スポンサーリンク